看護師求人高齢化社会に有利か?

最近よく言われていることですが、今から約10年後の2025年にはわが国の高齢者は3500万人に達すると言われています。高齢者が増えるということはどういうことを意味するのでしょうか。それはズバリ、病院にかかる人がますます増えてくるということです。特に認知症の増加は、いま大きな社会問題になっています。今でも500万人もいると言われている認知症が、2025年には1000万人に届くのではないかと予想する人さえいるのです。そうなのです。認知症1000万人時代がやってくるかもしれないのです。そんなことになれば認知症のケアに携わる医療関係者はますます増えてくるのではないでしょうか。看護師もその中に加わります。こう考えると、今でも不足している看護師がますます希少価値になってくるのではないでしょうか。では、これから看護師を目指す人は増えるのでしょうか、それとも減っていくのでしょうか。この問題に対しては、今の段階では簡単に答えを出すことはできません。