住宅を購入する際の頭金とは?

住宅を購入する際には頭金が必要です。
良く頭金0円で住宅を購入出来る!と言った広告も目にしますが、頭金無しでも確かに購入は可能でしょう。
しかし、頭金がないと月々の返済額が多くなります。
月々の返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがお勧めです。
頭金は物件購入金額の約20%だと言われてますが住宅を購入する際は他にも費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
住宅ローンは長年支払いをする物ですから、ローンを組もうと検討されていた方なら1度は聞いたことがあるローンの名前だと思います。
世の経済状況に左右されることなく、一定の額の支払いで良い。
という点はフラット35に申し込みをすると、一般的なローン同様審査が少し変わっています。
一般的な住宅ローン審査と同様、年収や勤続年数などが重視される審査になります。
とはいえ、年収や勤続年数などは住宅の価値を審査される。
という点が加わります。
担保として十分かどうか、という点を重視する。
という事です。
フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ずリフォームローンや住宅ローンの審査が必要です。
もちろん、数千万単位の現金を一括で支払えれば何も問題ありませんがそういうやり方は一般の人には難しいですよね。
ですので、金融機関の住宅ローンを申し込む方が一般的です。
リフォームローンや住宅ローンの審査はローン審査の中でも特別厳しいと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査が通らない理由としてあげられるのがやはり収入面です。
住宅ローン審査を通過するには、最低でも300万以上の年収が基準と言われています。
ただそれだけあれば良いという訳でなく、勤続年数・会社の規模なども重要な審査基準です。

フラット35の比較一覧!金利・手数料で損しないのは?【おすすめは?】